貸し倉庫 賃貸倉庫のLOGIPORTAL NEWS

GLRで貸し倉庫を探すメリット

こちらのページでは貸し倉庫や物流施設の選定でGLRを利用するメリットについてお伝えさせて頂きます。

GLR独自の強味として、お伝えしたい事は沢山あるのですが、それはこちらではお伝えしきれないので、別の機会にお伝えさせて頂きますね!

まずは物流倉庫の選定について、不動産仲介会社を利用するメリットを書いていきたいと思います。

近年はインターネットの普及により、お客様自身でもある程度、直接物件情報の収集が出来ます。

しかし、独自のコネクションやインターネット検索などだけで情報収集をする事は、物流不動産の検索に関しては、全く不十分と言わざるを得ません。

インターネット上の物件情報は手軽に見る事が出来る反面、管理会社の更新の追いついていない物件情報や、複数社から公開され重複する同一案件情報など、市場に詳しくないお客様を戸惑わせる情報が沢山あります。

また、中にはお客様からのお問合せを得る為に、既に募集終了した物件情報を敢えて平然と公開し続けている悪質なサイトもあります。

この様な情報に翻弄される事なく、スマートに物件情報を入手する為には、まず一度直接お問合せをされる事をお勧めします。

それでは、さっそく仲介会社を利用するメリットを見ていきましょう。

倉庫のレアな情報が手に入る

実は、お客様自身のみで物件選定をする事によるリスクは非常に高いです。

それはまさに「情報の機会損失」です。

多くの物流担当者様は、情報を得ようとした際にまずインターネットを利用します。あなたにも心当たりはありませんか?

インターネットは便利な手段で、机に座ってパソコンの前で検索さえすれば、あらゆる情報が手に入り、全ての作業が完結してしまいます。

しかし、実はそこに盲点があります。その様にインターネットに慣れている人ほど陥りがちなのが、「インターネット上の情報が全て」だと錯覚してしまう事です。

実は物流不動産の選定で重要なのが、水面下にある、多くの人が知らないレア情報を掴む事です。

しかし、そういった情報こそ、インターネットに出回る事は非常に少ない事が実情なのです。

この背景として、多くの物件オーナーは様々な事情から情報を公には公開出来ない、したくないという考えを持っています。

細かい事情は個々に違いますが、例えば、

・頻繁に募集をする事で、不人気物件と思われるのを恐れてしまう

という事であったり

・水面下で現テナントが退去する話が進行しているが、正式な解約意思表示を預かっていない為、堂々と募集を出せない

などと言った事情です。

この様な事情のある物件情報は常に曖昧なので、うっかり訊く相手を間違えると正確な情報が入手出来ない・・・なんて事もあるのです。

こういったリスクも踏まえると、業界の事情に詳しい仲介会社に訊く方が早く正確な事情を知る事が出来る事は言うまでもありません。

物流倉庫は市場に数が少ない為、希望の物件が簡単には見つかりにくい実情があります。

その為、たったひとつの物件情報が入るか入らないかが非常に重要な経営判断の分かれ目になる事もあります。

この様な事から、レアな情報を持っている可能性のある仲介会社に相談するというのは機会損失を防ぐという戦略上でも、非常に有効な手立てとなると言えます。

複数の倉庫物件に対し客観性を持った紹介が可能

倉庫の物件選定に於いては、最初から狙った一物件でスムーズに終わる事は殆どありません。

その理由としては、仮に良い物件があったとしても、

・相場観に於けるその倉庫の賃料など、妥当性を社内に示す

・物流会社様の場合、拠点選定の妥当性を荷主企業など取引先に示す

・他物件を引き合いに出して条件交渉を行う

こういった事などを行う為、最終的には比較検討した複数のデータを並べて決める事が重要になってきます。

この比較検討の段階になった時に仲介会社の存在はより一層役に立つ事でしょう。

オーナーは自社物件の良さをお伝えしますが、逆に自社物件以外の物件を勧めるメリットがありませんので、お客様へのご提案内容は偏りがちです。

しかし、仲介会社はどのオーナーの物件でもご紹介が可能な立場にいますので、客観性のある情報提供や交渉事が可能です。

また、お客様が直接オーナーとのやり取りをしている場合、それぞれの複数社いるオーナー毎に個別に商談時間を設ける事になる為、スケジュール確保が出来ず、商談が遅々として進まない恐れもあります。

しかし、仲介会社は貸主と借主の間に立ち窓口業務を行っている為、お客様からすると各物件オーナー毎に個別に商談時間を設ける必要がなくなります。

全て仲介会社が一手に窓口となり、お客様の意向を最大限に活かす形で各オーナーに情報発信を行う為、ご担当者様の負担は大幅に軽減されます。

また、間に仲介会社を挟む事により、一旦対象外になった物件についても、その物件オーナーからのしつこい営業を受ける事もありません。

倉庫内覧の段取りがスムーズ

内覧希望の物件があった際、各物件の管理会社にそれぞれ直接問い合わせをするのは意外に骨が折れるものです。

物流倉庫を個人で借りる事は殆どない為、法人であれば役員など、決裁権のある複数人のスケジュールが揃う、限定された時間に予定を詰めていく事が多いです。

一日に複数物件の内覧を一挙に行うなどといった際に、内覧の順番や時間調整の段取りなど、オーナー様とのやり取りを仲介会社が代行する為、ご担当者様の労力を大幅に削減出来ます。

成功報酬なので、金銭的リスクが無い。

ロジポータル経由での物件探しのご依頼や物件掲載のご依頼については、基本的に料金は発生致しません。

ご成約時に仲介手数料を頂きますが、成功報酬となりますので、成約に至らなかった場合、お客様負担は一切発生しませんのでご安心下さい。

しっかりとした契約締結ができ、入居後の安心が手に入る

物件を決め、入居するまでには当然、契約書のやりとりがありますが、この契約書のやり取りについては気を付けて見るべきポイントがあります

特に大型物流倉庫の契約となると賃料も非常に大きい為、少しのミスも後々の大きなトラブルの基になってしまう危険性があります。

GLRでは大小様々な物流倉庫の契約実績があるので、通常お客様が見落としがちな契約書のポイントも確認し、漏れの無い様サポートをさせて頂いています。

契約書の内容は往々にして作成者の有利になる内容になっているものですが、適当な契約内容や、不利な条件を掴まされたりする事の無いよう、しっかりと不動産仲介会社を通して契約する事をお勧めします。

売買案件への移行など様々な状況に対応出来る

物件選定の中で商談の流れが大きく変わるケースがあり、その事例のひとつとして、賃貸の商談がそのまま売買の商談に切り替わる場合があります。

勿論これはオーナー様の意向もあるので状況が整った場合のお話ですが、賃貸に対し、売買は商談のポイントが大きく変わってきます。

こうなるといよいよ賃貸に比べ金額も高額になり、確認すべきポイントも大幅に増え、商談内容もより高度な交渉事が必要となるケースが多いです。

実態としてもお客様にとって物件購入というのは多くある事ではない為、直接売主様と交渉する場合にも、トラブル無く進める為に何処に気を付けるべきか分からないという場合が殆どです。

しかしその様な場合でもGLRでは十分に対応出来る体制を整えてあります。倉庫の

売買案件についても専門部署があり、経験豊富なスタッフが商談の最後までサポートをしますのでご安心下さい。

 

GLRをご利用頂くにあたって、よくあるご質問と不安にお答えします。

さて、ここまで書いてくると、良い事ばかりを並べていると思われるかも知れません。

「本当は何かデメリットがあるのではないか?」と思われるかも知れませんので、ここからは、よくあるご質問に対してお答えしてみようと思います。

ひとつ言えるのは、これを読んで頂くと、実は仲介会社に依頼をするデメリットは殆ど無いという事がお分かり頂けると思います。

間に人が入ると煩わしいのではないでしょうか・・・

これはモノの考え方でもありますが、煩わしさよりも便利さのメリットの方が大きいと考えられます。

多数の物件を比較検討する際、多数のオーナー様と直接やり取りするのは各方面との度重なる電話、アポの時間調整や、内覧調整その他、全てに於いて非効率です。

しかし、仲介会社を使う事で窓口を一本化して担当者の負担を軽減し、シンプルな物件選定が可能となります。

更に仲介会社は様々な物件のご紹介が可能なので、特定の物件に肩入れした様な偏った営業を行う必要も無く、客観的な視点でお客様の満足を最優先した情報提供が可能です。

また、周辺物件や競合物件の成約賃料、底値情報など、妥当性を判断する基準を持つ人間が加わる事で、物件を絞り込んだ後の条件交渉もスムーズに進める事が出来ると考えられます。

逆にお客様単独で経験と感覚だけを頼りにした条件交渉では商談が壊れてしまうリスクが高まってしまう事でしょう。

自社の拠点戦略を知られてしまう事に懸念があります・・・

ライバル企業に自社の戦略を公開したくないという考えは当然ですね。

しかし、仲介会社には思い切ってご相談をして頂いた方がスムーズに計画を進められると思われます。

何故なら、仲介会社を通さず自社にて直接物件を探す事の方が「噂が拡がる」リスクは高いと思われるからです。

自社で直接物件情報のお問合せをする際には、会社名を名乗らないという事はまず難しいですが、GLRが物件オーナーに物件情報を確認する事で、お客様の会社名を伏せた状態で水面下で物件選定を進める事が可能です。

勿論GLRからお客様に対し不利になる様な情報漏えいをする事は一切ありません。

既存ルートの付き合いがあるので、仲介は不要だと感じるのですが・・・

大手メーカー、大手物流会社様など、常にオーナーからの直接営業を受けている会社のご担当者様ほど、この様な考え方をお持ちです。

ただ、その様な大手企業のご担当者様でも、仲介会社が持つ情報を見て「この情報は知らなかった」という事が沢山あるのが実情です。

この様な事が起こる背景として様々な事情がありますが、例として

・オーナー様は自社物件以外の情報提供にはメリットが無い為、仮にオーナー様からの直接営業を受けていても得られる情報の質が特定の物件についての狭く深い情報提供となっている

・大手オーナーになると担当者により守備範囲が違う為、特定の担当者との窓口だけだと情報が不十分な事がある

・昨今は物流不動産に新たに参入してくるオーナーもいるが、新規の参入オーナーについてはまだ情報が入っていない

などという事も挙げられます。

倉庫の物件選定に於いては、まず広く浅くでも良いので、漏れの無い情報収集からスタートするのが得策ですが、それを実現する為には常に業界に特化し情報収集をしている仲介会社の情報力が不可欠です。

既存の付き合いの中からだと入ってくる情報が不十分である可能性が高く、
情報不足という最大のリスクを抱えたまま物件選定を進める事になってしまいます。

他に良い物件があった事を知らずに契約をしてしまう事ほど恐ろしい事はありません、大きな回り道をしてしまう事の無い様、仲介会社を利用した賢い物件選定をお勧めします。

・・・如何だったでしょうか? デメリットと思ってしまう事でも、実は案外そうではないのです。

まずは一度お問合せをしてみませんか?

 

物件の検索はこちらから

 

お問合せはこちらから

 

最近見た物件